Kiichiro ARAI

主要な研究業績

Fields of Specialization

政治心理学 実験政治学

Book

荒井紀一郎.2014.『参加のメカニズム ―民主主義に適応する市民の動態―』木鐸社.

Journal Articles

Arai, Kiichiro, and Kyohei Yamada.2016."Examining the Effect of Providing a Pen on the Response Rate to a Mail Survey." Behaviormetrika 43(2):83-101. doi: 10.2333/bhmk.43.83
荒井紀一郎.2014.「民意のベースライン-新聞報道による議題設定効果の測定-」『年報政治学』2014年度第I号 pp.105-123.
今井 亮佑・荒井 紀一郎.2013.「『ねじれ』状況下における業績評価と投票行動」『選挙研究』29巻1号 pp.87-101.
Arai, Kiichiro, Masaru Kohno, and Shin Toyoda.2013."How did the Japanese Public React to Kim Jong Il's Death?" International Relations of Asia-Pacific International Relations of Asia-Pacific 13(1):125-153. doi: 10.1093/irap/lcs012
荒井紀一郎・村上剛・河野勝.2011.「実験で比較する経済と政治-「勝ち馬に乗る」合理性をめぐって-」『経済セミナー』661号 pp.55-61.
山崎新・荒井紀一郎.2011.「政治的洗練性と態度の安定性」『選挙研究』第27巻1号pp.120-134.
荒井紀一郎.2009.「Adaptive or Rational?-2つの投票参加モデルの検証-」『総合政策研究』中央大学総合政策学部創立15周年記念特別号 pp.295-307.
荒井紀一郎.2008.「政治学におけるシミュレーション研究」『早稲田政治公法研究』第88号pp.11-21.
荒井紀一郎.2006.「参加経験とその評価にもとづく市民の政治参加メカニズム」『選挙学会紀要』第6号pp.2-24.

Book Chapters

荒井紀一郎.2017.「スナックの立地と機能―『夜の公共圏』vs.『昼の公共圏』」谷口功一・スナック研究会編『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』第8章 白水社
村上剛・荒井紀一郎・河野勝.2016.「多数派形成に関する調査実験」『実験政治学:政治制度の選択と機能分析』第5章 勁草書房
山田恭平・荒井紀一郎.2016.「社会的圧力が投票参加に与える効果:日本におけるフィールド実験」『実験政治学:政治制度の選択と機能分析』第6章 勁草書房
Arai, Kiichiro and Norihiro Mimura.2016."What can We Learn from "Response time"?" in Masaru Kohno and Yoshitaka Nishizawa eds. Electoral Survey Methodology: Insight from Japan on using computer assisted personal interviews Ch 6. Routledge.
荒井紀一郎.2013.「有権者の投票参加メカニズム:強化学習モデルのシミュレーションと実証」田中愛治 監修・河野勝 編『新しい政治経済学の胎動: 社会科学の知の再編へ』第5章 勁草書房.
荒井紀一郎・栗山浩一・西澤由隆.2013.「プログラミング:WCASIシステムの開発と調査画面の作成」日野愛郎・田中愛治 編『世論調査の新しい地平:CASI方式世論調査』第4章 勁草書房.
三村憲弘・荒井紀一郎.2013.「レスポンスタイム:調査を観察してわかること」日野愛郎・田中愛治 編『世論調査の新しい地平:CASI方式世論調査』第4章 勁草書房.
Arai, Kiichiro.2010."Jump on the Bandwagon: Evidence from Survey Experiments." Introducing the Faculty of Policy Studies: Integrating Policy and Culture. pp.311-320. Chuo University.
荒井紀一郎 訳.2007.「信念体系、経済機会と不平等:コロンビアにおける実験」『社会科学の実験アプローチ』第5章 pp.115-137.勁草書房.(原題:MarioChacon and Santiago Suarez著 "Beliefs Systems, Economic Opportunities and Inequality, Experimental Evidence from Colombia.")

Conference Presentations

Yamada, Kyohei and Kiichiro Arai.2016."Do Boundary Consolidations Alter the Relationship between Politicians and Voters? Evidence from a List Experiment in Japan." 2016 the MPSA Annual Conference.
今井亮佑・荒井紀一郎・日野愛郎.2014.「政党システムの変容と政策対立軸の変化」2014年度日本政治学会.
Murakami, Go, Arai, Kiichiro, and Masaru Kohno. 2012. "Jump on the bandwagon, if it has a momentum:A momentum effect in voting behavior." 2012 the MPSA Annual Conference.
荒井紀一郎.2010.「争点の種類と争点投票-対立軸の認知が生み出す投票行動のパターン-」2010年度日本選挙学会.
荒井紀一郎・山崎新.2009.「政治的知覚(Political Awareness)の再考」2009年度日本政治学会.
Arai, Kiichiro, Mimura, Norihiro, and Go Murakami. 2009. "Switching voters' identities: Effect of conflict between a party and social identity on voting." the 2009 Canadian Political Science Association annual conference.
荒井紀一郎.2008.「選挙分析とマルチエージェントシミュレーション・モデル」 2008年度日本政治学会.
荒井紀一郎・村上剛.2008. 「有権者の2つの顔、『会社員』と『党派人』-複数の帰属意識間の葛藤がもたらす政治行動への影響-」2008年度日本選挙学会.
Arai, Kiichiro and Go Murakami. 2008. “Switching Voters'Identities: The Effect of Conflict between Party Identification and Social Identity on Political Behavior."GLOPE-TCER Joint Junior Workshop on Political Economy.
Arai, Kiichiro.2007. "Mechanism of Habitual Voting: Simulation Model of Voter's Turnout." GLOPE-CREED Workshop New Directions in Political-Economic Behavioral Research :Experiments, Social Research, Simulation.
荒井紀一郎・村上剛・三村憲弘.2007.「有権者の2つの顔:会社員と党派人」第11回実験社会科学コンファランス.
Arai, Kiichiro.2007."Mechanism of Habitual Voting: Simulation Model of Voter's Turnout." New Directions of Global Political Economy 125th Anniversary Symposium of Waseda University—21COE-GLOPE.
Arai, Kiichiro and Kohno Masaru. 2007. “At the Nexus of Competition and Representation: Exploring Interaction between Elites' Outside Lobbying and Voters' Sense of Efficacy in Japan." Modeling Power Relationships in Japanese Democracy (University of British Columbia).
荒井紀一郎.2007.「適応的な市民の政治参加メカニズム」 2007年度日本選挙学会.
Arai, Kiichiro and Masaru Kohno.2007.“At the Nexus of Competition and Representation: Exploring Interaction between Elites' Outside Lobbying and Voters' Sense of Efficacy in Japan." The International Workshop on Policy Network At Maiko Villa Kobe.

Other Publications

久米郁男・荒井紀一郎.2016.「読売新聞 参院選立候補者アンケート」読売新聞 2016年7月2日朝刊.
久米郁男・荒井紀一郎.2014.「読売新聞 衆院選立候補者アンケート」読売新聞 2014年12月6日朝刊 11面.
荒井紀一郎.2012.「当選者の政策志向」読売新聞 2012年12月18日朝刊 18ページ.
久米郁男・荒井紀一郎.2012.「読売新聞 衆院選立候補予定者アンケート」読売新聞 2012年12月3日朝刊 9ページ.
荒井紀一郎.2012.書評「大村華子 著『日本のマクロ政体-現代日本における政治代表の動態分析』」『選挙研究』第28巻2号 pp.138-139.
荒井紀一郎.2011.「なぜ有権者は投票に行くのか -効用?義務感?学習?-」Chuo Online 2011年6月30日.
河野勝・荒井紀一郎. 2008.「新世代DVD規格競争の背景:なだれ現象が行動を左右する」日本経済新聞 経済教室 2008年3月4日朝刊29面.